エムズ レッスンとは

※自宅およびキッチンスタジオにて撮影

エムズ レッスンのコンセプト for adults

コツや裏技を使って普通の食材を本格的に・・

コツ・裏技、少しの工夫で料理の手間を省き、心や時間にゆとりを生んでみませんか?女性には仕事・育児・家事・介護など沢山の仕事があります。コツや裏技によって優雅な食事、心のゆとり、癒しの時間へ繋げたい・・。それを皆さんと共有したい、それがエムズ レッスンのコンセプトです。講師がお料理でご協力させていただけることがあるかもしれません。 ご興味がございましたらいつでもお気軽にお問い合わせください。

エムズ レッスンの食育への思い for kids

親子料理教室講師を開催した時のことです。 

「先生!今日、生まれてはじめてバナナを食べれたよ!」「先生!今日、苦手な生姜を頑張って食べました」「先生!また料理したい!」先生!先生!・・と沢山の言葉を貰いました。一生懸命取り組み、苦手な物を克服しようとする姿、わからないことは質問して自ら知ろうとする姿、自分の作った料理を美味しそうに食べる笑顔、子ども達がキラキラしていたのが印象的です。今の時代は平成。昭和時代のような大人と子どもとのつながりは昔より減っているかもしれませんが、大人との挨拶、会話、つながりは食育から始めても良いのではないでしょうか。先進国で料理が出来ない子どもが一番多い国は日本だと言われています。しかし日本にはお正月、豆まき、桃の節句、端午の節句、重陽の節句、七五三、大晦日など後世に伝承すべき歳時があり、春・夏・秋・冬の四季、春=苦味、夏=酸味、秋=辛味、冬=油味(コク)と四季に沿った旬があります。子どもの頃に覚えた味は脳が一生記憶すると言われています。講師は食育インストラクターとして、全国料理学校協会のプロ講師として食の伝承を重んじながら四季折々の味や料理の楽しさ素晴らしさを子どもに伝えて行きたいと思っています。

講師の食のルーツとプロフィール

エムズ レッスンの特徴 for adults

【時代に沿っている】

講師は『料理は時代の流行があり日々進歩している』と考えています。古くから伝わる伝統や基礎を継承しながら、時代のニーズを取り入れるべく、また講師自身の更なる向上を目指し積極的に料理の勉強に参加し、自身の生徒様に丁寧に・親切に・わかりやすい指導をしています。例えば、しゃぶしゃぶの調理法。以前は沸騰した湯にくぐらせ一気に氷でしめる、というのが一般的でした。しかし最近の調理方法は加熱温度に対する常識や氷の不使用など調理方法の認識が変わりました。(厚生労働省 27年6月2日付け食安発 0602第1号による)また数年前には料理をガラス瓶に入れる盛り付けが流行り、最近はレシピ動画、作り置き、○○映え、時短レシピなど、新しい流行が次々と生まれています。講師は『プロ資格をとっているからそれでいい』とは全く考えていません。生徒さまに指導するにあたり、伝統や基礎を継承しながら、時代のニーズを取り込み、講師自身の努力を怠らず指導に努めています。

 

 

【少人数制なのでしっかり学べる】

以前、全国各地にある大手料理教室に通っていた時のことです。生徒と講師の距離が遠く、受講中に質問をしたいのに質問をできない、もどかしさが常にありました。例えば、炒めている時にピンポイントで質問をできないと、その炒めるという工程は終わってしまい、悶々とした気持ちのまま料理が完成します。エムズレッスンは講師と生徒の距離が近い少人数制クラスです。一人が同じ動作を繰り返すことの無いよう、講師が常に生徒様を見て的確な指示をします。生徒様一人一人に準備、調理、完成をしてもらうことで、終始理解しながらしっかり学べます。

 

 

 【コツを活用した丁寧な指導】

以前、料理教室を開催した時のことです。「先生、レシピに茶巾絞りをすると記載されていますが、ラップを使用しないのは何故ですか?」と質問を受けました。「この材料は水分が出るので、綺麗な見た目と水分を出す目的で敢えて さらしで茶巾絞りをします。」とお答えしました。

レシピを見れば誰でも料理は作れます。しかし例えば、『塩、油、酢を順に混ぜてドレッシングをつくる』とレシピに記載されていた時、調味料を加える正しい順番は知っていますか?どんな色、どのような状態になるまで混ぜるのか知っていますか?

(スポンジケーキを作る際)『卵を混ぜる』とレシピに記載されていた時、何分間混ぜるのが正しいのか。何分まで高速で混ぜ、何分後にゆっくり混ぜるのか、正しい混ぜ方は知っていますか?卵を攪拌する時、生地がふくらみやすい適正な温度は知っていますか?シフォンケーキとスポンジケーキではヘラでの混ぜ方が違うこと知っていますか?

『野菜を茹でる』と記載されていた時、おかあげ(そのままザルにあげること)にするのか、ザルにあげてから水に浸すのか、正しい茹で方は知っていますか?水から茹でるのかお湯から茹でるか、塩を加えて茹でるのか、先に塩で揉んでから茹でるのか、それとも茹でた後に醤油で絞るのか区別は知っていますか?

エムズレッスンではレシピには記載されていない説明を丁寧に行うので料理のコツを基礎から学べます。

 

 

【自宅で再現しやすい】

エムズレッスンは、家電量販店で販売されている一般家庭用の家電調理機と一般家庭用調理器具を使います。以前、大手料理教室に通っていた時の泡立て器はプロ業務用のものでした。一般家庭用の泡立て器と、プロ業務用の泡立て器は、完成時間・泡の立ち方が全く違います。またガスオーブンと一般家庭用のオーブンの火力には雲泥の差があります。
一般家庭用の家電調理機と調理器具を使った指導で、自宅でも再現しやすい調理方法を学べます。

  

 

【裏技で生徒様それぞれのニーズに応じた指導】

講師は22歳から様々な料理教室に通学しお勉強をさせていただきました。また40代となった現在も積極的に勉強会に参加しております。野菜や魚の切り方、炒め方、味付けのタイミング、盛り付け方、テーブルコーディネートなど各教室で習得させていただきました。
そのような多様な経験からエムズレッスンは生徒様のニーズに応じた指導が可能です。
例えば、お子様がいらっしゃる生徒様には、大人の料理を作る工程で子供用の料理を取り分け、味付けするタイミング。
・仕事が忙しく残業が続く生徒様には、作り置きの保存方法やアレンジ料理の紹介。
・家事が忙しい生徒様には、レトルト食品や市販ダシをうまく活用し美味しく完成する方法。
・家族にご高齢の方いらっしゃる生徒様には、酢や香味野菜を活用し塩分を減らしても家族全員が美味しく感じる味付けなど。
・裏技を使って、それぞれのニーズに応じた方法をご指導させていただきます。