講師プロフィール

食育への思い

2005年(平成17年)7月に食育基本法が施行されました。

食育基本法前文:21世紀における我が国の発展のためには、子どもたちが健全な心と身体を培い、未来や国際社会に向かって羽ばたくことができるようにするとともに、すべての国民が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるようにすることが大切である。子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要である。今、改めて食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育、及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することが出来る人間を育てる食育を推進することが求められている。もとより、食育はあらゆる世代の国民に必要なものであるが、子どもたちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と心身を培い豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものである。・・・・・

 

親子料理教室講師を経験した時のことです。 

「先生!今日の揚げ春巻きで、生まれてはじめてバナナを食べたよ!」

「先生!今日のスープで、苦手な生姜を食べました」

「先生!また料理したい!」

先生!先生!・・と沢山の言葉を貰いました。一生懸命取り組み、苦手な物を克服しようとする姿、わからないことは質問して自ら知ろうとする姿、自分の作った料理を美味しそうに食べる笑顔、子ども達がキラキラしていたのが印象的です。

 

私が小さな頃は、近所に八百屋のおばさん、親戚のおじいちゃん、雑貨屋のおじさんおばさん、たくさんの知り合いがいて常に安心した生活を送れました。今は平成。時間的な理由もあり、今は大人と子どもとのつながりが、昭和の時代のそれと同じというわけにはいきません。我が子は(双方の保護者間で同意が取れた場合)男女、色々なお友達を連れてきます。私が会社員の頃から料理教室講師となった今現在も、毎回、子ども達みんなでお茶の時間を設けます。私も一緒に。ときには主人も一緒に。それと出来る限り、手料理を準備して、みんなで食べます。たとえ、それがパンに何かを挟んだだけのものであっても子どもは安心します。ありがとうと感謝します。子どもが大きくなった時に「○○のうちで食べたサンドイッチ美味しかったね。」「○○の家で食べた、あのゼリーをまた食べたいな」と思い出してくれたらそれでいいと思います。料理で癒されてくれたら嬉しいです。一緒に料理を楽しめたらもっと嬉しいです。近所で私を見かけた子どもたちが「○○のお母さん、こんにちは。この前はありがとう!また家に行きたいな」と声をかけてきてくれます。昭和のような大人と子どもとのつながりは減っているかもしれませんが、大人との挨拶、会話、つながりは食育から始めても良いのではないでしょうか。

先進国で料理が出来ない子どもが一番多い国は日本だと言われています。日本にはお正月、豆まき、桃の節句、端午の節句、重陽の節句、七五三、大晦日など後世に伝承すべき歳時があり、春・夏・秋・冬の四季、春=苦味、夏=酸味、秋=辛味、冬=油味(コク)と四季に沿った旬があります。子どもの頃に覚えた味は脳が一生記憶すると言われています。食育インストラクターとして、食の伝承を重んじながら四季折々の味を子どもに伝えて行けたらと思っています。

小学校ボランティア料理教室の様子 企画と講師をつとめ約40名の親子と楽しくお料理しました 
小学校ボランティア料理教室の様子 企画と講師をつとめ約40名の親子と楽しくお料理しました