講師プロフィール

コツや裏技を使って、普通の食材を本格的にする料理研究家

山岡真千子

会社員、主婦、母親全てを経験したからこそ

一般社団法人全国料理学校協会 准教師および技術上級資格。NPO法人食育インストラクター。食品衛生責任者。

 

幼少期

定期的に大人数が家に集まり、親子の手料理で来客をもてなす家庭で育つ

山梨県出身。中学時代は毎日の食事準備を担当させてもらう。高校時代、大学時代はオーストラリアとアメリカへの短期留学や旅行で訪れた世界各地の料理に興味を持つ。

 

武蔵大学 経済学部を卒業後、大手半導体製造装置メーカーに就職し枚葉成膜部門にて輸出や出荷、OJTを担当させていただく。結婚による引越しの為、退職。その後、大手証券会社・本社で秘書として勤務経験。その後出産・子育てのブランクを経て再び社会へ出るが退職。

 

20代

会社員の傍ら、料理のプロ技術・知識を身に着ける

会社員の傍ら6年間、夜間料理スクールに通い、知識や技術と資格試験のための単位を修得。および一般社団法人全国料理学校協会 技術検定上級資格・准教師(:助教員)資格を取得。その後も、パン教室に通学しながら、有名料理研究家に指導をしていただけるプロの講習会へ定期的に参加。≻≻一般社団法人全国料理学校協会の資格はこちらをご覧ください。

   

30代

料理コンクール経験と非営利料理教室の企画講師経験から多くのご依頼をいただくようになる

我が子が通う小学校の親子料理教室の企画と講師を経験し、料理の伝承および指導の大切さを再認識する。多くの講師依頼を受け指導の道へ。プロ講習会にて一般社団法人NPO食育インストラクター資格を取得。会社員事務職退職後、うまれて初めて応募した新宿区の料理レシピコンクールで748件中、最優秀賞を受賞し区公認PRレシピを新宿区に提供する。退職後半年間で4つの料理コンクールにて最優秀賞・優秀賞・全国入賞の受賞歴をもつ。新宿区認定公式PRレシピや大手公式レシピ本などへレシピを提供。

 

40代現在

定期的に料理教室を開催させていただく。30代後半より有名料理家の元にてご指導をいただく。

古くから伝わる伝統や基礎を継承しながら、同時に時代のニーズを取り入れるべく、また講師自身の向上を目指し現在も積極的に料理の勉強会に参加し続ける。常に生徒様が楽しく、わかりやすく習得できるよう丁寧かつ親切な指導に努めている。プライベートでは小学校のボランティア活動=料理教室、図書読み聞かせ、イベントなど積極的に参加させていただいている。

・少人数様向け:大人向け料理教室と子ども向け料理教室を自宅にて開催中

・10名様~30名様向け:大型料理教室をレンタルキッチンや外部施設にて開催中

 



資格

  • 食品衛生責任者
  • NPO法人 食育インストラクター
  • 一般社団法人 全国料理学校協会 准教師
    一般社団法人 全国料理学校協会 技術検定上級資格
  • 文部科学省認定 秘書技能検定
  • 一般社団法人 国際薬膳食育学会 国際薬膳食育師取得にむけて勉強中

 

20代会社員の傍ら約6年間、夜間料理スクールに通い、知識・技術・必須単位を修得し受験。その後、服部栄養専門学校で開催される研修会に定期的に参加し、服部先生の講和を拝聴し有名料理家のご指導をいただき沢山の知識や技術を得てきました。



実績

2018年

  • 【ミサワホームイング株式会社様】【クリナップ株式会社様】による合同主催、バレンタインクッキングの料理教室講師
  • 【日新製糖株式会社様】と【賛否両論オーナーシェフ笠原先生】による合同主催、親子様料理教室の補助講師
  • 新宿区共働学校の一環【早稲田大学永井准教授による食品ロス削減プロジェクト】料理教室講師
  • 【食通に愛されるイタリアンRISTORANTE La Ciau(ラ・チャウ)のオーナーシェフ馬渡剛先生】による全国6名(親子料理教室)の料理家向けイベントへ出席
  • 8月【日仏貿易株式会社様】有機パスタアルチェネロのタイアップ企画/親子料理教室開催
  • 10月【クリナップ株式会社様】と共同企画の【イベントで作ってみたいお料理】大人の生徒様へ料理教室主催および講師
  • 11月新宿区共働学校の一環【早稲田大学永井准教授による食品ロス削減プロジェクト第2弾】料理教室講師予定
 ※自宅にて小さな料理教室を開催中

 

2017年

2016年

*表彰を頂きましたお料理や、参加をさせて頂きましたお仕事のお写真は本ページ下部をご覧ください。

料理コンクール最優秀賞の写真
新宿区長・東京調理製菓専門学校校長先生とご一緒に。校長先生から「味噌とカレーを融合させたオリジナル料理の美味しさに、感動しました」と、お褒めの言葉をいただきました

新宿区 高田馬場 子供 大人 料理教室 エムズ レッスン写真
日新製糖株式会社様とタイアップ、きび砂糖PRイベントにて賛否両論オーナーシェフ笠原先生と撮影していただきました
新宿区 高田馬場 子供 大人 料理教室 エムズ レッスン写真
Made in Italyのオーガニックパスタ・アルチェネロ料理家向けイベントにて。リストランテ・ラ・チャウなどイタリアレストラン5店舗オーナーシェフの馬渡剛先生と撮影をしていただきました


賞を頂きましたお料理


講師の食のルーツ

私の母親は、味噌・干し柿・梅干し・漬物・梅酒・ジャム・佃煮など昔から全て手作りします。

母親は一つの会社に約40年間勤務しましたが、家では常に台所に立ち、毎日、家族の食事をとても大切にしてきました。

 

我が家は定期的に親族が20人以上集まる家庭でしたが、携帯電話はもちろん、コンビニ・冷凍食品・ケータリングが普及していない時代に母の手作りの、おもてなし料理で、毎回来客をもてなしていました。

 

私が小さな頃「好きな料理は?」と給食の先生に聞かれ「こんにゃく」と答えたことがあります。

「あなたのお母さんは料理が上手なのね」と言われたことがあります。

私が高校生の頃は、母が毎日用意してくれた煮物が入った鍋を「今日は何かな?」とこっそり覗くのを楽しみの日課としていました。

 

私が中学生くらいから大好きだった祖母が認知症になり、家族で支えあって祖母のサポートをしました。

大学の4年間は、途中一人暮らしで家族と離れて暮らすこともありましたが10年間家族で祖母を支えました。

 

私は小さな頃から、来客をもてなす度に母の料理のお手伝いをして育ちました。

また中学生になると当たり前のように夕飯の準備を手伝いました。

祖母の様子、両親の仕事を見てきた私は成長するにつれ、料理をすることが当たり前となっていました。

それと同時に【家族みんなで料理を囲める楽しさ】が喜びの一つとなりましたし、何度も母の【手料理で心がほっとしました】

 

私は一人暮らしの経験があります。

会社員の経験があります。

主婦の経験があります。

母親の経験があります。

 

女性の仕事は沢山。

無理せず、それぞれのニーズに合った料理が理想です。

料理を囲んだ楽しいひととき、心をほっとさせる時間を多くの人と作ることができたらいいな、と思います。

 

経済学部卒業なのに、元会社員なのに・・・

なぜ料理が好きなの?

なぜ料理の資格を取ったの?

なぜ講師になったの?の食に対する全ての私のルーツは、

 

小さな頃から【家族の食卓】【母親の料理】から始まっていました。