講師プロフィール

一般社団法人 全国料理学校協会資格とは

【以下一般社団法人全国料理学校協会ホームページより抜粋】

会 長:鈴木敏之 

副 会 長:服部幸應 

一般社団法人全国料理学校協会は、平成24年4月2日、「全国料理学校協会」と「全国料理技術検定協会」が合併して成立いたしました。  「全国料理学校協会」は、昭和30年4月に会員校の振興と、国民の福祉と健康増進をはかることを目的として発足し、平成27年に60周年を迎えました。「全国料理技術検定協会」は、料理技術の向上と普及を目的に昭和49年8月に発足いたしました。東日本料理学校協会・中部料理学校協会・一般社団法人西日本料理学校協会・全九州料理学校協会を加盟団体として、330校の加盟校と共に、生涯にわたる「食育」の推進と、かけがえのない生命の源である「食」を守り、育み、これからも伝えてまいります。  


一般社団法人・全国料理学校協会 認定資格

*講師は大学卒業後、会社へ就職してから出産直前までの期間、料理教室へ毎週通い家庭料理の技術と資格を習得しました。

 

 

【(技術検定)上級資格】

1 加盟校で 120 単位以上学習した方(1単位:90分  計180時間)叉は同等以上の 学力があると校長が認めた方

または

2 短大専攻科以上を卒業し加盟校で 40 単位以上学習 した方、又は同等以上の学力があると校長が認めた方

または

3 NPO 日本食育インストラクター協会が認定する「食育インス トラクター 3 級」取得後、加盟校で 20 単位以上学習し、 上級筆記試験に合格した方

※講師は1にて、単位を取得し、実技試験(この時はイカの鹿の子切り)と筆記試験を受け、上級資格を合格しました。

 

 

 

【助教員資格】

(1)技術検定上級取得後、1年以上、会員校で助手又はインターンとして加盟校で実務 についた方、

または

(2)同等以上の学力があると校長が認めたもの、であって更に12単位の教員資格認定研究会を受講したもの

 助手又はインターンとして加盟校で実務 についた方

 

 

【教員資格】

助教員取得後、1年以上、会員校で実務についたもの、であって更に12単位の教員資格認定研究会を受講したもの