昆布の旨みが効いてる

我が家の千枚漬け 上品なおつまみ

コツさえつかめば我が家の漬物が一番美味しい

 材料 

※直径約15cmの漬物20枚完成

  • 聖護院大根(カブ)700g
  • 塩          大さじ1
  • A,みりん     50cc
  • A,酢       50cc
  • A,砂糖      大さじ4
  • 昆布       15cm位
  • ゆず(あれば)  少量
  • 鷹の爪(あれば)   少量

【聖護院】皮を剥き3~4ミリに輪切り

【昆布】1~2センチに切る

【ゆず(あれば)】皮を千切り

【鷹の爪(あれば)】一本をみじん切り

【A】を鍋に入れ一度沸騰させ冷ます

聖護院】の全体に【塩】をかけ(手ですり合わせて)半日放置する

  

 

*コツ・技*

 

質問:「塩をかけて放置する意味は何ですか?」

 

講師:「聖護院大根は約9割の豊富な水分を含んでいます。中の水分をしっかり抜いておくことで味の染み込みが良くなります。」

【聖護院】を取りだして

【昆布】を挟む(あれば【鷹の爪】も)

 【A】をかけ、ジップロックにいれて冷蔵庫で1~2日以上寝かす
【ゆず】を上にのせて完成

 

 

*コツ・技*

 

質問:「冷蔵庫で2日も寝かしてから食べるのですか?」

 

講師:「はい。昆布の旨み、大根の甘さが融合して美味しくなるのは2日を過ぎてからだと思います。但し、急いで食べたい場合は(塩で水分を抜いているので)1日めから食べても問題はありません。」


その他

  • 聖護院大根を丸ごと一個を使いきれない場合は、新聞紙で包んでから冷蔵すると日持ちがよくなります。