世界のバレンタインの起源・由来は?日本のバレンタインの歴史は?【レシピ】ほっぺたが落ちる極旨イチゴムース

こんばんは。

新宿区で料理教室主催のエムズ レッスンです。

 

 

来週はバレンタインですね。

日本と欧米で男女間のバレンタイン習慣が違うというのはよく聞きますが、

ではどのように、バレンタインは始まったのでしょう?

 

【起源】

ローマ帝国時代では2月15日に豊作の祭りで男女の出会い(今のお見合い)を楽しむ習慣がありました。

 

しかし「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるので兵士たちの婚姻を禁止する」とローマ皇帝が決めたそうです。

 

キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)はそんな兵士を哀れに思いこっそり結婚式を行っていたが皇帝に見つかり処刑されてしまった。

 

ウァレンティヌス(バレンタイン)の処刑の日は、2月14日女神・ユノの祭日が選ばれました。

 

その日が後々「恋人たちの日」=バレンタインデーとして人々に受け継がれたそうです。

 

 

【日本のバレンタインの歴史】

今から80年ほど前、モロゾフの創業者が2月14日に贈り物をする欧米の習慣を知ったそうです。

 

1931年(昭和6年)神戸で、チョコレートの製造販売を始め、翌年1932年に日本で初めてバレンタインチョコレートを発売。

 

1932年といえば、犬養毅が殺されたクーデター事件5.15事件の年。

 

そのころチョコレートはまだまだ高価で一般市民には広まらなかったそうです。

 

その後製菓メーカーの努力もあり1970代後半には日本で定着したとか。

 

 

 

 

昨日、お友達が1粒、5センチはあろう豪華なイチゴをお土産に下さいました。

 

バレンタインのチョコレートはちょっと甘すぎて・・・という方にオススメなのが、

 

『ほっぺたが落ちる極旨イチゴムース』さわやかな香・滑らかな食感とツブツブ食感・甘すぎないところがオススメです。

 

家族が「ケーキ屋さんで買ってきたの?」と間違えていました。

 

並行で2月14日に向けて子供の友チョコを今日から作り始めました。

 

習い事に差し入れしたいとのことなので、当日まで合計50個はつくることになりそうです。

 

は~(ため息。笑)。

 

 

以上ブログをご覧頂きありがとうございました。

【レシピ】ほっぺが落ちる 極旨イチゴムース

  1. イチゴを裏ごす
  2. グラニュー糖、レモン、ゼラチンを混ぜる
  3. 生クリームを泡立てて2と混ぜる
  4. 冷やして完成

もっと『詳しいレシピ』や『美味しくなるコツ』はこちら